トップ

インプラント施術内容

インプラント治療の流れ

インプラントの施術期間について

インプラントの施術期間は、個人差はありますが5ヶ月から7ヶ月は必要です。十分なカウンセリングを行ない、歯周病などがない状態で手術を行ないます。歯茎に土台となる金属を埋め込む手術は、日帰りで入院の必要はありません。手術後4ヶ月から6ヶ月、歯茎に定着させる期間をとります。その後、しっかり定着していることを確認してから、もう一度歯肉が覆った上の部分を切開し、頭出しをします。その上に、土台と義歯を繋ぐアバットメントを取り付け、被せる義歯の型取りを行ないます。できあがった義歯を被せて調整して終わりますが、定期的に歯科検診を行ないながらインプラントの維持管理に努めます。

インプラント治療の期間とは

骨の部分にインプラントを装着する場合、切開を行うため治療期間が長くなります。手術は長くても3時間程度で終わりますが、骨と金属がしっかりと結合するまでには3か月から半年ほどかかります。しっかりと結合しないと義歯がぐらぐらしたり、歯茎が腫れたりするため、この期間はとても大切になります。半年ほど様子をみて、結合したことが確認されると人口の歯をかぶせます。この人工の歯は歯並びを確認してから作るので、できるまでに2週間程度かかります。トータルすると検査に1回から2回、インプラントの手術と消毒などで4回ほど、メンテナンスで3回、人工歯の型取りや取り付けで3回ほどになります。

↑PAGE TOP